上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

IMFとユーロ圏諸国はギリシャの債務について衝突している。[11/17]

DW)
欧州諸国は、追加のクレジットライン及び保証を要求している。
IMFはいかなる債務の拡張に反対している。
今では多くの新興国が、過去に耐えた過酷な条件を覚えています。

緊縮財政計画と改革プログラムの後でさえ、
ギリシャは依然として予算と債務を均衡させることができません。
そのため、ユーロ圏・欧州中央銀行(ECB)と国際通貨基金(IMF)のメンバーで構成されたトロイカは、
GDPの3%まで財政赤字を減らすためにギリシャにさらに2年間の猶予を与えています。

ギリシャは2020年までにGDPの現在の180パーセントから120パーセントまで、総負債を削減しなければならない。
これは約330億ユーロ(42億ドル)の費用と予測されている。

IMFラガルドは、ユーロ圏各国政府はギリシャの債務の一部をキャンセルすべきだと推進している。
これまでのところ、民間債権者だけが唯一その債権の一部を断念しなければならなかった。
次は、ユーロ圏諸国が関与する可能性があります。

ドイツの財務大臣は、ドイツと他の欧州諸国は国内法で債務の相殺を禁止していると主張している。








関連記事
[ 2012/11/19 21:44 ] 経済 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://worldend340.blog.fc2.com/tb.php/154-0cef1839