上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米国の格付け機関は中国の挑戦に直面している[11/19]

独DW)
格付け機関であるスタンダード&プアーズ、ムーディーズ、フィッチは、信用格付けの世界市場を支配してきた。
しかし、2008年の金融危機で彼らの怪しい役割は、より公平な代替手段の必要性を強調させた。

2008年初頭に、大きな3つの米国格付機関、スタンダード&プアーズ、ムーディーズ、フィッチは、
銀行や金融商品の一流の信用格付けを発行していた。そのわずか数カ月後に金融危機が起こった。

一部のアナリストは、その不正確な評価が危機を引き起こした米国のサブプライム住宅ローンバブルを
膨らませる助けと主張して、機関の近く独占ポジションを批判している。

"ビッグ3"機関は依然として世界の金融市場が機能しないであろうことなく重要な判決を渡し、
グローバル格付け市場の95%を支配しているとして2008年以来、ずっと何も変わっていない。

しかし、中国の独立した格付け機関ドラゴン・グローバル·クレジットは、
米国の政府機関に挑戦する準備しをている。
10月には、ロシア政府機関ラスレーティングとイーガンジョーンズ、第四米国最大の評価グループとの
合弁会社を設立する計画を発表した。

三社は、「公平な評価」を発行するつもりであると声明で述べている 。
これは世界的な信用格付制度の改革をスピードアップするだろう。
また、3人の創設者は、新しい機関がどの国やグループの利益も代表しないと声明の中で述べた。

しかしながら最高経営責任者(CEO)関は中国指導部と密接な関係にある共産党のメンバーである。
政府機関の独立性について疑問は残っている。
彼は民間会社を設立する前に、顧問として政府に採用され働いていた。

格付けは国の政策に対して作用することができるため、
中国の独立性のある格付け機関を設置することは不可能だという疑問が残る。







関連記事
[ 2012/11/20 01:21 ] 金融 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://worldend340.blog.fc2.com/tb.php/156-cedc5301