上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本銀行は政府に反抗、金融緩和は維持

WS000750_convert_20121122014542.jpg

MZ(AFP、DPA)大きな景気刺激のための要請にもかかわらず、
日本の中央銀行は経済に金を注ぎ込むのをさらに控えている。

2日間の政策会議に続いて、日本銀行(日銀)は、
日本の低迷する経済に拍車をかけるために追加的な金融緩和策を実施しないことを火曜日に発表した。

日銀の政策委員会はまた、世界第三位の経済は、輸出や工場の出力を落とすことの裏に
弱体化することを見いだしているにもかかわらず、ゼロと0.1%の間の金利を保持するために全会一致で可決した。

声明の中で、中央銀行は国が需要をむしばんでいたデフレから抜け出せないままであり、
投資を阻むであろうとして、日本経済について "不確実性の高さ"が勝っていると述べた。

日本銀行総裁白川方明は、一般公衆がデフレからの出口が全体として
経済の改善のためだけに期待していなかったことを追加し、
それが金融緩和でデフレを克服するために非現実的であると言った。
日本経済は第3四半期に3.5パーセント前年比で縮小した。

先週日銀は、「銀行に国債を購入するように強制しようとするだろう」と言って、
無制限の中央銀行の金融緩和を求めた野党自民党のリーダー:安倍晋三による圧力に直面していた。

日銀総裁白川は中央銀行の独立性の重要性を強調し、
安倍の計画はどこにどんな先進国で実施されなかった
国際通貨基金(IMF)の "-決してしないリスト"にあると述べた。




関連記事
[ 2012/11/22 01:43 ] 日本 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://worldend340.blog.fc2.com/tb.php/168-5f64dc30