上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ギリシャのユーロ圏財務相、遅延決定

WS000751.jpg

MZ(DPA AFP、AP)ギリシャは、国際的金融機関から次回の救済資金を受け取ることができるかどうか
調査するために来週まで待たなければならないと言われている。
EU財務相は、混乱の中で意思決定を延期した。

会談の約12時間後にブリュッセルで、金融当局の会議は危機に見舞われた国に
追加315億ユーロ(約400億ドル)貸すために最終的な決断を下すことがまだできなかったと
初期の水曜日の朝発表した。
過去2週間以内に生じていた新たな問題が金融救済の条件を複雑にしていると、かれらは言った。

EU大統領ジャン=クロード·ユンカーは、
ギリシャが財務相が再召集するようにスケジュールされている次の月曜日、
良い知らせを受けるだろうと自信を表明した。

ギリシャ首相アントニス·サマラスは水曜日に遅れた事に不満を表明し、
財務大臣を呼んで彼らの想定している責任に応じるように言った。

ギリシャ政府は、長期的な財政の安定化のために緊縮政策をパスしていたので、
国際的な貸し手は、その赤字を下げるために2年以上を猶予することで合意した。
結果としてEU財務相はまた、国際通貨基金(IMF)クリスティーンの頭によると、
救済パッケージの32.6億ユーロ(417億ドル)の新財政ギャップを埋めるの新たな課題に直面していた。






cbist::無料アクセスアップ



関連記事
[ 2012/11/22 04:58 ] 海外 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://worldend340.blog.fc2.com/tb.php/169-31c83580