上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「日本銀行券」と「政府貨幣」


日本の通貨は「日本銀行券」と「政府貨幣」から
成り立っています。

「日本銀行券」とは、千円札・五千円札・1万円札
のことをいいます。お札には「日本銀行券」と
書いてあるのが確認できるはずです。

「政府貨幣」とは、現在では
500円玉・100円玉・50円玉・10円玉・5円玉・1円玉
のことをいいます。硬貨には「日本国」と
我が国の名前が確認できます。

「日本銀行券」は紙幣として存在し、
「政府貨幣」は硬貨として存在していると
理解できますね。

この2つの貨幣はどちらも「お金」です。
銀行へ行けば硬貨と紙幣を交換できます。
紙幣を硬貨に交換することも可能です。
お店で紙幣を払えば硬貨のお釣りをもらうこともできます。

しかしこの2つのお金は全く性質の異なるものなのです。

「日本銀行券」を発行する権利を持っているのは
その名の通り、日本銀行です。
日本銀行だけが「日本銀行券」を作ります。
ではそれをどうやって国民の元に
流通させるのでしょう。

たくさんお札を作ったあと・・・
家族に配りますか?
友人に配りますか?
街で人々に配りますか?
ヘリで上空からバラマキますか?

そんなことが許されたら
社会が成り立ちませんよね。
ではどうするか・・

答えは「貸す」のです。
しかも利子付きで。

政府は日本銀行に国債を買ってもらい、
代わりにお金をもらいます。
政府は日本銀行に借金をするのです。
しかも利子付きで。

政府は日本銀行に借金をして得たお金で
公共事業や公共サービス、社会福祉などにお金を使います。

公共事業を引き受けた会社にはお金が支払われ、
その従業員に給料が支払われます。
公共サービスのために公共施設にお金が支払われ、
公務員に給料が支払われます。

これで国民のもとに「日本銀行券」が流通しました。

でも忘れてはいけません。
政府は日本銀行に利子付きで借金をしています。
借金とその利子を返済しなくてはなりません。

政府の発行した国債の金額を1000万円だとしましょう。
そして日本銀行に支払う利息を1%だとしましょう。
1000万円+10万円(1000万円の1%)=1010万円 
政府は日本銀行に1010万円を返済しなくてはなりません。

え、ちょっと待って下さい。
政府が受け取ったお金は国債の金額「1000万円」ですよね?
国民のもとにはどう考えても
1000万円以上のお金が流通しているはずないですよね?
政府がどんなに国民から税金を取ろうと、
1000万円以上のお金を得ることはできませんよね?

では利息分の10万円はどうやって返済すればいいのでしょうか?

政府は借金の返済にあてるために
国民からどんどん税金としてお金を集めます。
やがて市場にはお金がどんどん少なくなり、
経済的にも不況になっていきます。

日々貧しくなっていく
失業者が増える
国民には不満がたまっていきます。
このままでは暴動が起きてしまいます。

ですが借金は必ず返済するのが約束です。
返済が間に合わなくなればまた借金をして
その場をしのがなくてはなりません。

ここで政府はまた借金をします。
これを1000万円としましょう。
利息は1%です。

政府は景気を良くするために
様々な形で市場にお金を流します。

国民のもとにはまたお金が流通し始めました。
景気は改善し、政府も少しの間
借金の返済に困らなくなりました。

でも忘れてはいけません。
政府は日本銀行に利子付きで借金をしています。
借金とその利子を返済しなくてはなりません。

ここまでの借金の合計は
1、1000万円+10万円(1000万円の1%)=1010万円 
2、1000万円+10万円(1000万円の1%)=1010万円 
1010万円+1010万円=2020万円 となります。

2回目の借金をした段階で
1010万円の借金のうち500万円を返済していたとしたら、
(1010万円-500万円)+1010万円=1520万円となります。

一回目の借金をした段階で国民のもとには
最大で1000万円までのお金しか存在しません。
そこから税金を取って500万円を返済に当てたので、
国民のもとには500万円までのお金しか存在しなかったことになります。

2回目の借金をしたことで市場には新たに
1000万円のお金が流通し始めました。
これで国民のもとには最大で
500万円+1000万円=1500万円
1500万円のお金が流通したことになります。

しかしここでの借金は
利子を含めて1520万円のはずです。
では利息分の20万円はどうやってあつめるのでしょう。
結局はまた同じように借金をして
返済にあてることになるのです。

国中のお金をかき集めたって
借金を全額返済することはできませんから・・

これが「日本銀行券」です。
「日本銀行券」は借金から生まれているのです。
借金がなければ存在しないお金なのです。

これに対して「政府貨幣」とは
政府の発行するお金であり、
誰かに借金をする必要がありません。

当然、利子も付ける必要がありません。

政府は自らお金をつくり、
国民のもとに流通させることができるのです。
利子なしでお金を生み出すことができるのです。

必要なお金を十分に
供給することができるのです。

これが「政府貨幣」です。


政府は消費者の購買力と政府の消費力を満足させるために、必要とされるすべての通貨やクレジットを創造、発行、そして流通させるべきであります。
これらの法則の採用によって、納税者は膨大な金利の支払いから救われるでしょう。
通貨の創造・発行の特権は唯一政府の至高の特典であるだけでなく、政府による最も偉大な有意義な機会なのです。

アブラハム・リンカーン 暗殺された元アメリカ大統領


お金は奴隷の新しい形です。
それは人格を持たないことから、特別扱いされてきました。
主人と奴隷の間に、人間的関係などないのです。

レオ・トルストイ

通貨の発行と管理を私に任せてくれ。
そうすれば誰が法律をつくろうとも私の知った事ではない。

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド 銀行家


全部わかった!国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ (5次元文庫 あ 3-2)









関連記事
[ 2012/10/17 06:10 ] 金融 | TB(-) | CM(-)