上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【政治】日本維新の会、26日に落選者会合…崩れたサポート体制、応援演説も拒否、落選者の不満高まり「維新離れ」危惧、参院選の試金石に

1: 結構きれいなもろきみφ ★ 2012/12/24(月) 21:38:10.56 ID:???
 日本維新の会が26日、衆院選で落選した候補者たちを集めて会合を開く。来年の参院選に向けた組織固めが狙いだが、
選挙戦中盤以降、大阪を重視した維新の選挙方針をめぐり各地方の落選者の間には不満がくすぶっており、会合で党本部
への批判が噴出する可能性もある。3議席しかない参院での党勢拡大は維新にとって至上命題だが、参院選で候補者や
最大の支援者になりうる落選者の不満をどのように解消できるかが最初の試金石になりそうだ。

■崩れるサポート態勢

 「皆様の今後の活動について話したい。次期選挙に向けた態勢作りを急がないといけないので、ご参加を」。衆院選の
投開票日翌日の17日、選挙後のあいさつ回りなどに追われる落選者たちのもとに維新から案内文が届いた。

 維新は衆院選で172人を擁立したが、3分の2の118人が落選した。このうちの1人は選挙戦でかれた声で漏らす。
「大阪以外の候補者をほぼほったらかし。会合では不満の声がかなり出るかもしれない」

 維新は衆院選に向け、全国的な候補者支援のために、維新との連携を希望してきた地方の政治団体と選挙協力の協定を
結ぶ方針を決定。しかし、衆院の解散が突然だったため、締結先は東京や京都などの5団体にとどまった。

 地方に十分な足場を築けないまま迎えた選挙戦。当初は選挙未経験の新人候補者に維新の地方議員を充てるなどして
活動をサポートしていたが、地方だけでなく本拠地・大阪での苦戦が伝えられると、サポート態勢は急激に崩れていった。

■応援演説も拒否

 選挙中盤にあたる日曜日の9日、維新の選挙対策本部は1日限定で担当議員を大阪府内に呼び戻し、票の掘り起こしを
指示した。有権者が在宅している休日は選挙運動の書き入れどきとされ、本部関係者は当時、「短期集中の戦略であり、
決して地方切り捨てではない」と強調していた。

 だが、この直後の情勢調査で明らかに劣勢とされた選挙区が草刈り場となり、担当議員に帰阪命令が出された。11日には
松井一郎幹事長らがメールで担当全議員に終盤の13日以降は府内に張り付くよう指示した。

 東海地方の落選者の陣営では終盤、巻き返しを図るために松井氏の応援演説を本部側に要請したが、大阪を重点に活動を
展開するとの理由で断られたという。

 陣営幹部は「将来を見据えて維新を全国的な組織にするために、大阪以外の議席を1つでも多く取るような戦略を持って
ほしかった」と落胆した。

■「維新離れ」危惧

 地方の陣営からの不満について、松井氏は選挙終盤の12日、「維新は候補者と『自己責任』『自己完結』『自己負担』を
約束している。そろそろ(選挙に)慣れてきたから、約束通り、自分たちでやってほしい」と取り合わなかった。

 ただ、終盤の段階で大量の折り込み用の選挙ビラを使用せずに放置しているケースが確認されるなど、「最後まで素人の
選挙をしているところもあった」(維新関係者)という。

 落選者を集めた会合では維新幹部が選挙戦の慰労をするとともに、次期参院選への協力を求めるとみられる。維新の
地方議員は「冷遇されたことで維新に失望し、離れていこうという人もいるのではないか」と懸念を示している。

ソース(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121224/waf12122421210008-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121224/waf12122421210008-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121224/waf12122421210008-n3.htm



5: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 21:53:51.15 ID:EZgNu8Wl
>>1

みんな、維新から離れろよ

危険だ!

2: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 21:48:28.61 ID:+IUXWObS
金だけ取って応援演説に行かないとかw

3: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 21:49:57.81 ID:2HB4nXf5
元グラドルのカワイコちゃんはどうだったの?

4: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 21:50:58.81 ID:GKHBO9E0
どうせバカしか投票しないよ。

6: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 21:59:39.38 ID:38CHeCqv
何となくわかるよ。、
維新の候補が小選挙区であれだけ票を集めた(2位で落選)のに
比例で返り咲きを果たせず、
小選挙区3位で落選した未来の候補が比例で返り咲いた。
維新の候補は自分が当選できれば党はどうでもいい、そう考えているだろう。

維新はこれからもまとまりを失ってバラけるだろうな

8: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 22:07:39.64 ID:XrpC/fAP
よし悪しは別にして人の心がわからん政党幹部とみえる。
この政党は消滅する。政治は、先ずは人々の心。
アホンダラ。

10: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 22:18:45.75 ID:Fw1DmEUC
こんなの序の口だろ。
政権につけば国民を切り捨てるんだから。

11: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 22:18:49.35 ID:bruGtcYi
なんか人の繋がりとか全然感じ取れない
上のほうでよろしくやってる感じで
下はもう兵隊扱いだよね

13: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 22:24:37.94 ID:MQLAQiwL
無名の新人で、事前活動が全く無いなら簡単には当選しないもの

自民の長期にわたる組織戦みれば分かる 
むしろ維新には新党の風があった方、次はそうはいかない

14: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 22:26:37.96 ID:I3psBzLm
維新はベテランと新人のバランスだろ
その辺はどうなんだ

ベテランと新人って
上手くいくものなのか?

15: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 22:30:09.70 ID:I3psBzLm
維新は、その内バラけるという話し
多いけどな

16: 名前をあたえないでください 2012/12/24(月) 22:39:26.24 ID:GmFr7Qpi
参院が行政とか言ってる人が副代表だもの
こんなもんよ

17: 名前をあたえないでください 2012/12/25(火) 00:33:32.59 ID:fWcA7CBz
橋下って、人間的な温かみが全然感じられない。
こんな人間について行く人間なんて、殆ど居ないんじゃないの?

18: 名前をあたえないでください 2012/12/25(火) 00:45:25.04 ID:YT57CIcn
明らかに頭数としてしか見てないもんな。
石原とかの権威には平身低頭、下々は使い捨て。

19: 名前をあたえないでください 2012/12/25(火) 01:25:38.07 ID:uS2VG6mB
100万円払って、12本の旗と16枚のポスターだったらしい。
選挙関連の旗とかポスターの業者をググればこれが数万円程度のものだというのが分かるw
95万円以上はハシゲは維新の府議・市議の夜遊び代に消えたと思われw

21: 名前をあたえないでください 2012/12/25(火) 02:08:30.06 ID:uS2VG6mB
自民党に投票した者ですが、何か?

23: 名前をあたえないでください 2012/12/25(火) 02:52:49.11 ID:qTQGMsUt
維新の場合、
小選挙区に関しては関西中心に候補を立てれば
まだ良かったような気がする
比例はともかく

25: 名前をあたえないでください 2012/12/26(水) 10:10:52.23 ID:9nKdJPqi
改革の根拠の、大阪の支持が、胡散臭い妥協の産物なら、
ただの大阪利権政党だよね。ただ、大阪で勝ちたいだけに、見えた。

26: 名前をあたえないでください 2012/12/26(水) 15:11:48.71 ID:tEjv5E5G
そもそも、「大阪府と大阪市の二重行政の解消統合のためには、
霞が関に乗りこんで官僚機構から変えないと駄目なことがわかったから」、
と言って国政にうって出ることにしたはず。それ以外には、結党の目的は無かった。
その維新の志が受けて、期待値が高まっていった。

それが維新八策からだと思うが、外交だの経済だのエネルギー問題だの、
「政権取ったら実現したいこと」を羅列するようになった。これは期待が大きくなったため、
「もしかしたら、第1党になれるかも」と勘違いしてしまったところから始まっている。
しかしここで、橋下の領土問題発言などで「しょせん素人、任せられない」ということが露呈してしまい、
支持率が低下しだした。
第1党ではなく「連立与党に入り、行政システムの維新にだけ専念し、
細かいところは、その都度連立相手と協議する」ことにしていたら、
共闘できる相手の幅も広げられた。

下馬評の高さに舞い上がって、戦略を間違えたのが伸び悩んだ原因。
今回は連立政権に入って、次回以降に第1党を目指すべきだった。





関連記事
[ 2012/12/29 15:31 ] 日本 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://worldend340.blog.fc2.com/tb.php/250-6e75a77b